プロジェクト活動可視化サービス 見えにくい開発プロジェクトの実状を瞬時に把握改善のためのPDCAにつなげます!

開発企業、SI企業の抱える問題と課題

このような問題、課題を抱えてはいませんか?

・システムの資産規模を定量的に把握したい
・開発・保守業務の負荷が知りたい
・顧客対応に費やしている労力を説明したい
・オフショア開発の実態がわかりづらい
・品質やコストの改善のための切り口をつかみたい
・開発管理の精度を上げたい
・効果の上がる開発規約をつくりたい

実効あるマネジメント・システムへ

必要なものは実効あるマネジメント・システムです。
ところが、これまでのシステム開発管理といえば、

● 定量的なデータが不足、データがあっても根拠がない
● データがあっても整合性に乏しく、説得力が足りない
● とるべきアクションが見えてこない

などの問題がありました。

シナジー研究所の画期的なプロジェクト活動可視化サービスがデータ収集と可視化の問題を解決いたします。

ソフトウェア資産可視化ツール&サービスの特徴

01. 正確で効率的

アーキテクチャー検査システム(AIS)を使用するから、正確で効率的です。

02. 多言語に対応

プログラム言語を問いません。Java、PHP、SQLなど多言語が共存するプロジェクトを可視化します。

03. 豊富な実績の例

ユーザー、ベンダー、専門家が集まり、コミュニケーションを図りながら実施します。

201502-03

実施手順

お問い合わせはこちらページ上部へ